私のグローバル恋バナ 〜なれ初めから全て話します♪〜Vol.4
Written by Admin


みんなに共有したいラブストーリー!

日本女子のモデルさんも国際恋愛を求めている! そんな人まで落とせる男子とは一体どういう方? ...   ペンネーム:Passionista   性別:女性   年齢:20代後半   職業:フリーランスモデル   国籍 :日本   血液型:O型   趣味:海外旅行、メイクアップ、ハンバーガー食べ比べ、ランニング、フィットネス

1,相手はどこの国の方ですか?

アメリカ合衆国

2,出会いのキッカケは?

マッチングサイトで知り合いました。

3,何年続きましたか?

現在進行中ですが、交際期間は6年でした。

4,結婚はしましたか?

2018年7月にアメリカにて結婚をしました。

5,顔はタイプでしたか?

ド・タイプでした。間違いなく今まで出逢った男性の中で1番理想に近かったと思います。

6,性格は合いましたか?

抜群でした。 周囲の人たちもあなた達は本当にそっくりだわと言うくらい、 性格・笑いのセンスそして人生における嗜好が似ているので。

7,どこが一番好きでしたか?

忍耐力だと思います。私には無い辛抱強さという物を持っていて尊敬しています。

8,体の相性は合いましたか?

付き合い当初は正直イマイチでしたが、 不思議な事に年数を重ねるにつれて良くなっていったと思います。

9,喧嘩は有りましたか?頻度は?

喧嘩はほとんどしません。 私が一方的に怒って、向こうは常に平常心を保っている感じです。 しかし、理不尽な理由で責められていると感じた時に 彼が言い返して来た事がありそれで大喧嘩になった事はあります。 ですが、6年の間で数回だけだと把握しています。

10,一番楽しかった思い出は?

彼が日本に居た頃毎月岩国基地(山口県)まで2時間掛けて通っていたのですが、 基地内で過ごす週末は刺激的、非日常的で楽しかったと感じています。 軍人用のバスに1人私服で乗って変な目で見られたり、家族を基地まで連れて行って食事をしたりと普段では経験出来ない事が出来て彼にはとても感謝しています。 そして、きっと一生懐かしむ事の出来る良い思い出だと思っています。

11,関係が近くなり、付き合うまでの流れを教えてください。

メール・スカイプでのやり取りを1ヶ月程した時に、私の住む愛知県まで会いに行くから初デートをして欲しいと言われました。 実際にデートに行き、付き合って欲しいと告白をされましたが、遠距離恋愛(山口県⇔愛知県)になると分かっていたのでお断りしました。 自分がフッたにも関わらず次の日に彼が新幹線で帰って行く姿を見た時にとても悲しくて何で断ったのかと後悔をしました。 何だかモヤモヤして嫌だったので、翌月に彼の住む所まで会いに行く事に決めました。 今度は私が告白しようと思っていたのですが、思いの外彼が再度告白をしてくれたのでお付き合いする事に決めました。

12,どのようなデートをしていましたか?

遊園地、映画、ボーリング、ゲームーセンター、ショッピングモール、国内旅行 基本的に外出をする事が多かったですが、彼がビデオゲームが大好きなのでそれに付き合わされる事もしばしば。

13,外国人と付き合うということについてどう思いますか?

異文化理解を深める良い機会であると感じますし、その違いを楽しめる能力を身につける事が出来ると感じます。

14,楽しかった思い出を語ってください!

彼との思い出は全て楽しかったのですが、やはり昨年ラスベガスで私の家族と彼の家族が初めて顔合わせをした時です。 大好きな家族同士が対面した瞬間を見て、言葉では表せない喜びを感じました。 そして自分たちの関係にどれだけ多くの方が関わっているのかに気付き、2つの家族の間に立つ自分の責任というものも認識した気がしました。 大人としての責任という物を意識するようになったと言っても良いのかもしれません。

15,外国人と付き合う上で困ったことやがっかりしたことがあれば教えてください。

私達の場合は、国際遠距離恋愛の時期が長かったので間違いなく距離と時差が1番困ったことでした。 大抵の問題は話し合い等で解決出来ますが、距離と時間だけはどうしても動かす事が出来ません。 そのせいでもどかしい思いや寂しい思いも沢山しました。 絶対に解決できない問題と向き合って6年。 ようやく結婚をし、これから一緒に住めるので幸せでなりません。 その大きすぎる問題のおかげで殆どの事はそこまで深く悩む必要もなかったので、逆に良かったのかもしれません。

16,次の恋人はこんな人と付き合いたい!

同じ男性と6年も付き合っていましたが、もちろん他の男性に目が行く事もありました。 ですがやはり彼以上に魅力的だと思える男性には巡り会いませんでした。 ですから、もし次があったとしても私は彼もしくは彼みたいな人と付き合いたいです。

17,これから外国人と付き合う方に向けてアドバイスをお願いします。

出逢う男性全てを“外国人”というカテゴリーに入れる事はやめましょう。 外国人というよりは、その人がどういう“人間”なのかを知る事にもっと焦点を当てましょう。 皆さんもご周知の通り1人1人違う人間です。 それと同じ様に恋愛も人それぞれ異なるのです。 ですから、あなたが誰と一緒にいるかによって関係が変わっていきます。 個人的には、彼氏が外国人だから日本人だからと言うことはあまり関係ないのかなと感じます。 世の中には外国人男性に対してのポジティブな固定観念が存在すると思います。 例えば、レディーファーストでジェントルマン、浴びせる様に褒めてくれるなど。 褒めるという事も含め、外国人男性の方が自分の気持ちを表現する事に慣れていますし、ジェントルマンなのかもしれません。 ですが、必ずしも外国人男性全員にその固定観念が適応されるとは限りません。

先程もお伝えしましたが、人によって異なるという事です。 私の彼もジェントルマンですし、私の事を褒めてくれます。その事について感謝はしていますが、 じゃあそれが彼を好きになった理由なのかというと全く関係ありません。 私が彼に惹かれた理由は、ただ単純に私の人生の中で最も素晴らしい人間であったからです。 もっと良い人間になりたい、もっと自分を変えたいと思わせてくれる人物は私の人生の中で彼だけだと言っても過言ではありません。 パートナーを探す上で私自身が心がけていた事は、いかにその人物が私という人間に良い影響と与えてくれるかという事でした。 そして、それが今の旦那さんであった訳です。 また、外国人男性とのお付き合いに憧れている方。 是非好奇心を満たす意味も込めて一度お付き合いをしてみましょう。 新しい経験は新たな自分の一面を見つける良い機会だと感じます。 ですがそれと同時に、自分の想像以上に関係が発展していく可能性があるという事を把握しておきましょう。 最初は単なる好奇心で始まった恋愛も、 気付いたら彼との将来を考える程にあなたの気持ちが出来上がっている事も大いにあります。 そんな自分に気付いた時には、国際結婚は大変だという事を少しだけでも覚えておきましょう。 多くの時間、お金そして忍耐力を求められるのが国際結婚です。 好奇心や愛で乗り越えられる程、容易なものではありません。 だからこそパートナーと“チーム”として動く事を徹底しましょう。 そして2人で大変な時期を分かち合いましょう。 私から皆さんへの最も重要で単純なアドバイス。 それはパートナーと常にコミュニケーションを取り続けること。 これに限ります。どうか皆さんに幸あれ!

Popular